草の根文化無償資金協力「モンゴル子ども芸術センター改修計画」署名式


3月29日、清水武則駐モンゴ ル日本国特命全権大使は、日 本政府の草の根文化無償資金 協力「モンゴル子ども芸術セ ンター改修計画」の贈与契約 (Grant Contract)に署名し た。署名式に関係者及びモン ゴル子ども芸術センターに通 う子どもたちや父兄約150名 が出席した。  清水大使は、「モンゴルは 近年急激な経済的発展をみま したが、芸術は生活を豊かに するものであり、これを忘れ ては国の真の発展はあり得ま せん。この芸術セ ンターか らモンゴルを代表する数多く の芸術家が育っていきました が、今日ここにいる子供たち からも優れた芸術家がでてく ることを確信していま。」と 述べ た。 一方、エンフトヤ子ども芸 術センター館長代理は「我々 の将来を担う子供たちの教育 の拠点になる施設の改修に支 援の手をさしのべてくれた日 本政府や日本国民の皆 さん に心から感謝の気持ちを申し 上げます」と述べ、続けてボ ヤンダライ・ウランバートル 市副市長は日本のこれまでの 教育分野への支援に感謝しつ つ、子ど も達の将来の芸術分 野での活躍に期待を述べた。 本件の供与限度額合計は、8 万4439米ドルで、モンゴル通 貨で約1億6千万トグログに相 当。プロジェクトでは、1957 年に建造され、雨漏りが深刻 なモンゴル子ども芸術センタ ーの屋根を改修することで同 センターの利便性、安全性を 向上させ、 1300名にのぼる 児童生徒が安心して芸術教育 に専念できる環境を整備し、 モンゴルの文化教育の発展を 支援する。 また、同日、センターに通 う子ども達による作品展を開 催し、子どもたちの日頃の努 力の成果が存分に披露され、 優秀な作品の作者には清水大 使が日本大使賞を授与した。

Featured Posts
Recent Posts