国際アビリンピック モンゴル代表が銀メダル3個


国際障がい者技能競技大 会、即ち国際アビリンピック とは、障がい者が日頃職場で 培った技能を競うもので、職 業上の自立意識の喚起や社会 からの理解とその認識の深 化、そして雇用の促進を図る ため、4年に1度開催されてい る大会である。 同大会は1981年の東京開 催以来、今年が第9回目とな る。今回、フランス・ボルド ーで3月19日~29日にかけて 開催された。参加者は、約38 カ国の750名。 モンゴルからの参加は、今回 初めてで、11名の障がい者が 革製品制作、自転車組立、料 理、不用品再利用、木彫、絵 画といった種目に出場した。 自転車組立でG.シジル・エ ルデネさん、革製品製作の種 目でT.ムングントールさん、 不用品再利用でB.ボロルマー さんがそれそれ銀メダルを獲 得した。一方、絵画の種目に 出場したCh.トンガラグトヤ さんが特別賞を受賞した。

Featured Posts
Recent Posts