中小企業経営者の声をあげた

2月29日、労働省とチンゲル ティ区職業安定部により、U B市チンゲルティ区の中小企 業経営者の第1回会議が開か れ、1400名が出席した。G.バ ヤルサイハン労働大臣は「こ こ数年、モンゴルは鉱業分野 に支えられて発展してきた。 鉱物資源の世界市場価格が 下落し、モンゴルの経済は大 打撃を受けた。そのため、資 本を生み出している中小企業 を支援すべきだ」と述べた。 中小企業経営者らは、利子の 引き下げや減税を求めた。雇 用支援基金及び他の基金の利 子は7~10%であり、各企業 の大きな負担となっていると いう。 モンゴル政府はここ20年、 社会福祉として1兆トゥグル グを拠出してきた。その資 金をもとに開発を推し進め てきたが、2012年に政策が変 わり、国内に1000の工業基盤 を築き、海外への外貨の流れ を制限した。労働省はモンゴ ル中央銀行など関係者と会談 し、今年4月から個人経営者 向けに合計500億トゥグルグ を貸与すると決めた。ほかに も、大企業の活動を支援するた め減税政策などが講じられてい るが、中小企業向け政策はな い。政府は今後、中小企業支援 政策を検討するという。 中小企業は多くの雇用を創 出しているが、高い能力を 持つ人材が不足している。 人材を育成する財政的余裕 がない企業も少なくない。 経営者らは、大学や職業訓 練学校での人材育成を改善 するよう求めた。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
No tags yet.
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

             2017 MNCCIJ

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon