地上デジタルのチューナー 販売伸び悩む

モンゴル通信規制委員会は 2月28日、国内地上デジタル 放送の電波をモニターに映す 機器であるチューナー(セッ ト・トップ)の販売台数が、 当初の通信規制委員会の想定 の10分1である約1万6000台に 留まったと発表した。 委員会によれば、国内にお いて同機器の販売を正式に認 められている業者は8社ある が、どの社も販売台数が想定 を大幅に下回ったという。ま た、チューナー内蔵のテレビ が約7万7000台販売されてお り、セット・トップの販売台 数の伸び悩みに大きく影響し たとみられる。 現在、70社のテレビ局が完 全に地上デジタル放送に移行 しているが、地方テレビ局の 約20社はアナログ放送を続け ている。

Featured Posts
Recent Posts